8/19親子で楽しい自然体験「2017大志の森」第2回B「森の生き物を知ろう」を開催しました!

カブトムシやクワガタムシの観察会

1年を通じて開催する「2017大志の森」の第2回Bを実施しました。
対象は、小学生の親子です。
 場所は、加東市にある兵庫県立やしろの森公園。緑いっぱいの里山公園です。
 はじめに母屋でカブトムシやクワガタムシの幼虫や成虫の観察。みんな一斉に飼育ケースの前に集まって、幼虫をつついたり、成虫を手のひらにのせてみたりと大人も子どもも先生の話に興味深々でした。
 次にザリガニの観察。雄と雌の見分け方、上手な捕まえ方、触る練習をしました。
 最初はこわごわ触っていましたか、すぐに上手に触れるようになって、男の子も女の子もこれで準備万端!
 池に入るとみんなすぐに集中して生き物を探し始めました。
 お父さんやお母さんも負けていません!子どもたちと一緒に、膝まで浸かって、草下や池の底をさらいました。
 「ザリガニおったでー!」あちらこちらで嬉しい声があがります。捕った生き物は水槽に入れて、先生とみんなで一緒に観察会をしました。
 観察会ではザリガニ以外にもどじょう、やご、ふな、メダカなど珍しい生き物もたくさん捕れました。
 外来種のアメリカザリガニは増えすぎると池の中の生き物を食べつくしてしまうので、観察会の後はアイガモの餌になりました。
 ザリガニを食べたカモは田んぼの害虫駆除に役立ち、時には人間の食べ物になるという先生のお話から、自然と命の循環を学びました。
 「今日の出来事から何を学んだかな?」イベントの締めくくりに、「①聞く・②におう。③みる・④味・⑤さわる」という内容で子どもたちに発表してもらいました。
 同じ体験でもそれぞれ感じることは違っていて、お友達の発表に新しい気づきや驚きがたくさんありました。
 次回は11/12(日)第3回「収穫祭を楽しもう」を開催予定。
 やしろの森公園の収穫祭に参加し、6月に植えたサツマイモを収穫するのが楽しみだね!


  • おっかなびっくりザリガニを捕まえる練習

  • 大人も子どもも夢中で生き物捕獲

  • 網の中には何がいるかな?

  • 今日はシャワーが気持ちいいね!

  • 捕獲した生き物の観察会

  • 今日は何を感じたかな?最後にみんなで発表会

Page Topへ